新生銀行レイクは、銀行カードローンのなかでも親しみやすさがあるカードローンだと思います。
100万円までは収入証明なしで申し込めるのも魅力ですが、増額審査を受けるときは、必要になることが多いようです。
そのため、レイクの増額審査を受けるための1つめの条件として、収入証明を用意できることがあげられます。

アルバイトやパート勤務、あるいは、会社員の方がレイクの増額審査を受ける場合は、源泉徴収票を提出するのが一般的です。
源泉徴収票は、毎年1回、お勤め先から交付されるものですので、それをレイクに提出すれば大丈夫です。
ただし、源泉徴収票を紛失している場合などは、それに代わる納税証明書や所得証明書などを用意しなければなりません。
市区町村役場の窓口に行き、そこで交付を受ける必要があります。

このようにレイクの増額審査を受けるには、書類の用意だけでも意外と大変です。
さらに、カードローンの増額審査には、「カードの減額」というリスクがありますので、必ずしも簡単に受けられるものではありません。
これまでのレイクの返済状況が悪かったり、他社のローンの返済に延滞があったりすると、増額審査をきっかけにカードの減額や利用停止ということにもなりかねません。

このような書類の用意の面倒さや増額審査リスクを避けるため、別会社のローンに申込んで、増額に対応するケースがほとんどです。
レイク以外のカードローンの申込みなら、書類の用意も簡単で、リスクがないのが大きな魅力ではないでしょうか。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.10