モビットを利用したきっかけはアルバイトでも気軽にお金を借りれることで、急にお金が必要な時に活かすことを目的として選びました。審査にかかる時間は比較的短くインターネットを使って気軽にできるため、自宅に居ながら申し込めるために便利です。
審査を受ける時はアルバイトで申込をしたため会社の方から電話確認があり、記入した内容について質問をされました。アルバイトの勤務先の詳しい状況や収入の状況などを質問され審査に通るかどうか不安に感じましたが、給料の一ヶ月分の金額を利用できる結果が出たために安心しました。
モビットのキャッシングを利用して感じたことはアルバイトでも気軽に申し込めるものの電話確認があることや利用可能額が少なく利息が高いため考えて申し込む必要があり、お金を借りるためには多くの収入がなければ金額が限定され必要以上に使わないように心がけることです。モビットは提携するコンビニを利用して借入や返済ができるため、急にお金が必要な場合などに役立ちました。

キャッシングリボ払い

新生銀行レイクは、銀行カードローンのなかでも親しみやすさがあるカードローンだと思います。
100万円までは収入証明なしで申し込めるのも魅力ですが、増額審査を受けるときは、必要になることが多いようです。
そのため、レイクの増額審査を受けるための1つめの条件として、収入証明を用意できることがあげられます。

アルバイトやパート勤務、あるいは、会社員の方がレイクの増額審査を受ける場合は、源泉徴収票を提出するのが一般的です。
源泉徴収票は、毎年1回、お勤め先から交付されるものですので、それをレイクに提出すれば大丈夫です。
ただし、源泉徴収票を紛失している場合などは、それに代わる納税証明書や所得証明書などを用意しなければなりません。
市区町村役場の窓口に行き、そこで交付を受ける必要があります。

このようにレイクの増額審査を受けるには、書類の用意だけでも意外と大変です。
さらに、カードローンの増額審査には、「カードの減額」というリスクがありますので、必ずしも簡単に受けられるものではありません。
これまでのレイクの返済状況が悪かったり、他社のローンの返済に延滞があったりすると、増額審査をきっかけにカードの減額や利用停止ということにもなりかねません。

このような書類の用意の面倒さや増額審査リスクを避けるため、別会社のローンに申込んで、増額に対応するケースがほとんどです。
レイク以外のカードローンの申込みなら、書類の用意も簡単で、リスクがないのが大きな魅力ではないでしょうか。